レバレッジ・リーディング

サブタイトルは「100倍の利益を稼ぎだす、ビジネス書多読のすすめ」。 本をたくさん読むことのメリットや、その手法、実践方法について書かれた本。 2006年に書かれた本なので、少し時代背景が古い部分もあった。 が、今でも新鮮に読める本だと思う。

本書によると、速読と多読は違うらしい。 そもそも多読はこの本で初めて聞いた言葉かもしれない。 僕は基本的に本を読むのが遅いので、その改善も期待して本書を読んだ。

落とし所は、「ビジネス書を多読する」ことによって得た知識の実践について。例えば、「稼ぐ」とか。 これは筆者の本田氏が経営者だからであって、人によって何に活かすかは変わってくるんだと思う。

本書では、その実践を「アウトプット」と表現している。 よく「インプットしたらアウトプットしなきゃ」という人がいるが、 よく考えればアウトプットは随分抽象的な表現だよなと思う。 だから本書の言う「アウトプット」の定義はずいぶんしっくりと来るものだった。

本は読むことが目的じゃない

著名な方が本のレコメンドをするメールマガジンや、 スタッフが大量の本を読んで内容をサマライズしてくれる有料のサービスがあるそうで、 本書ではそれの利用をすすめている。

メールマガジンであれば無料で読めるし、読みたい本を探す手間が省けたり、 自分の興味から逸れた本の発見につながりそうだったので、さっそく登録してみた。 書評サービスについては基本的にお金がかかるので様子見だけした。

本書で紹介されているのは以下の3つ。

ここは本書が書かれたのが10年前ということもあって、少し古いし今では違うサービスもあるのかもしれない。 なので自分でももう少し調べてみようと思う。

本書がこれらのサービスをすすめる理由は、とにかく良い本を知り、そこからたくさんの知見を得ることを目的としているから。 つまり本は読むのが目的ではなく、そこから得られた知識でどうするのか、ということに重点を置くべきだということだった。

一行残らず読まなくてもいい

僕がこの本で一番大事だと思ったのが「最初から最後まで読まなくてもいい」ということだった。 僕が本を読むのが遅いのはおそらく、最初から最後まで読まなきゃいけないという暗黙のルールがあったせいだった。 本書はそれに気づかせてくれたと思う。

また、本は必要なところだけ読めるように読み飛ばし、必要なところは熟読してペンなどで書き込むことを推奨している。 ちなみに僕が本を読む場所はだいたい手元に付箋があるので、普段から付箋を貼って読み返せるようにしている。

基本的に僕はAmazonから中古で本を買うんだけど、書き込みがあるものや折り目がつけられている(と注記されている)本は避けている。 しかし本書を読んで、他人が書き込みをしたところがわかるというのは面白いことなのかもしれないと思った。

レバレッジ・リーディング